MENU

コンクリート構造物内の
レントゲン調査

建築物の改修工事の際に、 削孔工事などで 事前にコンクリートの内部に 鉄筋や通信線、電線が無いか 調査する際に用いる手法です。
主に、病院や空港施設、公共施設 などを中心に活用されています。

CASEお客様の課題

  • コンクリート内部に 重要インフラが埋設されているか 調べたい

  • 工事の際に重要インフラを 回避して施工をしたい

  • 視覚的に埋設物を確認したい

MISSIONミッション

  • レントゲン検査(健全性の検査)
    金属や樹脂などの内部を調べて接合した箇所が 健全かどうか調べます。 船・配管・クレーンなど
  • レントゲン調査(内部の探査)
    コンクリートの内部を探査して埋設物を調査します。

FEATURE

イメージングプレートにより デジタル化し解析が可能に

内部の実態を透過写真として写し出すので視覚的に確認ができる

電磁波レーダーと比較すると見落としが軽減でき検査の信頼性が高い

CASE STUDY

  • 病院

  • 空港

  • 公共施設

CONTACT事業に関するお問い合わせ

下記のメールフォームに必要事項を入力して送信してください。

    お問い合わせの種別
    お名前
    フリガナ
    お電話番号
    メールアドレス
    お問合わせ内容