MENU

橋梁の添接部のボルト
健全性確認

橋梁に使用されている添接部F11Tボルトの
定期検査を行います。

CASEお客様の課題

  • 目視点検をしたらボルトが脱落してた。
  • 一般的に行う打音検査をしてみたが異常がなく、さらに詳しく調べたい。
  • 交通量多い重要な道路であり、本当に抜けたボルト以外に異常が 無いのか正確に調べる方法はない ですか?

MISSION

超音波検査装置を用いてボルトの健全性が 調査できる

打音検査より精度の高い 検査が可能

完全破断していなくても 劣化の検出が可能である

FEATURE

波形タイプの装置を使い スクリーニング検査を行う

異常が認められたものについては フェーズドアレイ検査にて さらに詳しく検査を行う

日本非破壊検査協会の認定する 有資格者が測定を行います

CASE STUDY

  • 昭和40年代後半~50年代初頭に架設された橋梁

CONTACT事業に関するお問い合わせ

下記のメールフォームに必要事項を入力して送信してください。

    お問い合わせの種別
    お名前
    フリガナ
    お電話番号
    メールアドレス
    お問合わせ内容